間違いないプチギフトの選び方

>

気持ちを贈るものだから

値段と用途と日持ち

気に入ったプチギフトをポンと買えるのであれば良いのですが、用途とそれに見合った予算を考えておかなければ、過剰なギフトはかえって失礼にあたります。
豪華すぎてももらう側が困惑しますから、ここがプチギフトを選ぶ難しい点ではないでしょうか。
また、スイーツを選ぶ場合に特に気を付けたいのが「賞味期限」です。
日持ちがしないものだと、差し上げてすぐに賞味期限が来てしまいますから、これも失礼ですよね。
通常は購入時に店側から賞味期限を確認されることが多いので心配ないのですが、例えばスーパーのように自分で商品をかごに入れて精算する形で購入する場合は注意が必要です。
相手に喜んでもらえるように、気にしなければならない点が多いので、慎重に選びましょう。

どんな思いを込めますか

プチギフトをあげることは、物を買って贈るという行為ですが、その人の事を考えて、その人のために時間とお金を使って購入して贈るわけですから、その気持ちを大切にしたいですね。
歯の弱いお年寄りにかたいおせんべいを選んだり、甘いものが苦手な人にチョコレートやクッキーを差し上げるのは、相手の事を考えていないことと同じです。
贈り物次第では、その後の関係に影響が出てしまうこともあり得ます。
関係を悪くしたくて、プチギフトを贈るわけではないはずです。
実際に贈り物を選ぶ前に、プチギフトを贈る相手の事を考えてみましょう。
そして実際に渡す時に、選んだ時のことを一言添えられるといいかもしれません。
相手に喜んでもらえるものを選びたいですね。


この記事をシェアする

トップへもどる